Google SDP(=Site Down Pnalty)ではサイト内の各URLはGoogleにインデックスされており、Googleのページランクも付いているが、あらゆる検索キーワードで全 く検索されなります。ロングテールキーワードですら一切自サイトが検索結果にヒットしなくなります

Google SDP(サイト・ダウン・ペナルティ)では今まで不動の1位や3位を保っていたサイト内の各URLなどが一気に1000位圏外まで吹き飛びます。ソフトな SEO対策を施したURLもハードなSEO対策を施したURLも全て1000位圏外に吹き飛びます。G経由のアクセスはゼロになる

サイト・ダウン・ペナルティ以外に、Google検索にはトップページ・ダウン・ペナルティ(TDP)やサブページ・ダウン・ペナルティ(SDP)もあります。TDPやSDPの場合は各URLが完全に検索結果の圏外に吹き飛ぶわけではありません。

Google におけるTDP(TopPage Down Penalty)やSDP(SubPage Down Penalty)では、URL①やURL②が特定キーワードでのみ圏外行きなったりします。他のキーワードで検索するとそのURLが検索結果の上位に表示 されていたりします。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEO対策SEOYahoo SEO対策Yahoo SEOGoogle SEO対策Google SEO

作成Web制作ホームページ制作HPホームページ作成HPBlogビジネスブログビジネスブログ制作Blogビジネスブログ作成Blog